2023.1.26 スマッシュ#134 額に入れよう

今週のミッドアウトりん

f:id:midout:20230128004327j:image

2023.1.26

 

今年が始まり

もう一月が経とうとしているなんて

本当にびっくりだ。

 

ミッドアウトも4回?

やることができた。

 

もし聴いてない人がいたら

ぜひ聴いてみてほしい。

通勤中、料理中、寝る前

聞き方は人それぞれだと思う。

 

あなたの生活の中で

このラジオが何かの

手助けとなっていたら嬉しい。

 

ミッドナイトゲットアウトスマッシュ#134 額に入れよう - ミッドナイトゲットアウトスマッシュ公式 (@midnightgetout) - TwitCasting

 

 

 

今週のラジオはまさとくんの

言葉からスタートした。

あのさ、といつもお馴染みの始まり。

あのさ、からいつも話は展開していく。

 

最近、音楽を作ったりするのが好きな

まさと家の長女。

娘がミュージシャンになりたい

ともし言い出した時、どう返していいのか。

 

父親であるまさとくんは悩んでいた。

子が進む道を案じ、心配するのは

全ての親の通る道だろう。

 

苦労して欲しくない、という思いが

二人のボタンを掛け違えさせる。

 

 

ミュージシャンになる

甘い世界じゃないだろう。

中学の時から音楽を作り

そしてその後も音楽に勤しんできた

ごうりん(僕のことだ)の姿を

いつも見ていたまさとくんだ。

 

そこまで音楽を思い愛し努力しても

音楽での超成功、というものは成し遂げられない

(それは運も絡むのかもしれない)

 

ミュージシャンだけではなく

画家、芸術家

舞台役者

プロスポーツ選手

 

全て、厳しく難しい世界だろう

(そもそも難しくない仕事があるのか疑問だが)

 

 

だが思う。

 

 

ごくごく一部の人しか成功しない業界って

つまんなくないか?と。

 

 

夢がないよなとおもう。

 

商業的に成功する道もあるが

それ一択ではない。

 

他の仕事をしながら

音楽を作るという選択肢も

それも成功の一つじゃないのか?

 

熱い議論がなされた。

ミッドアウトというラジオにおいて

時々ある、二人の情熱を燃やす回。

そしてここに金言が生まれた。

 

 

働きながら音楽やってる人も

音楽で食ってる人も

全て音楽家である。

 

 

あまりの言葉の強さ、そして包容力に

聴いていた全ての人が涙した。

それはまさとくんも同じだった。

 

 

 

これを、筆で書いて

額装して飾らないか?

 

言い出したのはまさとくんだった。

正直、嬉しかったな。

 

 

 

そして、額装したものがこちらである。

 

f:id:midout:20230128005525j:image

 

 

ああ、やはり締まる。

額に入れるだけで

とんでもないパワーが生まれるのである。

 

 

未来、この言葉に感銘を受けた

ミュージシャンの卵が

専業にせよ復業にせよ

楽家として音楽を発表する日を楽しみにしてる。

間違いなくその日は来る。

いまはまだ、商業的な成功のみを賞賛する

風潮があるが

商業的にいい音楽が

音楽的に素晴らしい作品とは限らない。

 

そもそも比べたりするのが違う。

それぞれの切り口で

世界に問いかけて行ってほしい。

 

 

そして、そこから堰を切ったように

また金言が飛び出す。

 

また額に入れてみたから見てみて。

f:id:midout:20230128010051j:image

 

これにはハッとさせられた

ミッドアウターも多かったんじゃないかな。

というか、よくぞいってくれた!

と拍手すら起きていたと思う。

 

働きながらミッドアウターしてる人も

ミッドアウター、一本で食っていってる人も

本来そこに垣根はないはず。

 

己の信念を貫き通せ

 

コレコレの歌でも歌われているとおり

それぞれの正解をその時その時で更新していく

それが生きることなんじゃないかと思う。

 

 

ここで、この後も生まれた名言たちを

額に入れて、みんなに紹介しようと思う。

f:id:midout:20230128010359j:image

額とフォント違いバージョン

これもいいねぇ

 

f:id:midout:20230128010505j:image

諸説ありそうだけど

やはり額に入れると

妙に説得力が出るね!

送ってくれた

ハイチオールマンくん、ありがとう!

 

f:id:midout:20230128010518j:image

確かにねぇ。

辛子高菜があると

テンション上がるよなぁ。

油マシマシくん、ありがとう!

 

f:id:midout:20230128010714j:image

こちらは女将のコーナーで

女将が発したセリフから。

やはり女将は言うことの重みが違う。

それだけプンさんに期待してるってことだよね

 

 

今週は、熱い話、議論ができてよかったです。

来週からは二月、早いですね。

2月も楽しんでいきましょう。

 

の前に、1月28日(土)27時からのFMさつませんだい版も是非是非聴いて下さいね。

 

 

 

f:id:midout:20230128010910j:image

ミュージックノスタルジア

コーナーで奮闘するパパをみて

ポカンとすることはちゃん

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ごうりんの絵の販売会も始まってるようです

良かったら覗いていってみて下さいませ。

Shop | わかまつごう/wakamatsu Go

f:id:midout:20230128102644j:image

 

f:id:midout:20230128102647j:image

 

 

 

2023.1.19 スマッシュ#153 二人のタモさん

.1

 

今週も聞いていただきありがとうございました。

ミッドアウトスマッシュ#153 ~二人のタモさん~

非常に聞きごたえのある内容となりました。

 

この骨太、ごんぶとラジオ、もう一度振り返りたい、

もしくは聞き逃したという方々

ここに、ツイキャス版の録音データの在処を記しておきます。


では、ミッドアウトスマッシュ#153フルコースのお品書きを見ていきましょう

 

一、 ごうりん、病に侵される

二、 無礼無礼は不気味なだけではない

三、 FMさつませんだいの偉い人に年末特番を褒められる

四、 帯番組に怯える必要はない。俺たちは二人でタモさんだ

五、 血反吐をはいてノスタルジア

 

ファン垂涎のトークスマッシュのフルコース。

予約困難な超有名店じゃないとまずお目にかかれない、極上のトークです。

では、冷めないうちに振り返っていきましょう。

 

一、 ごうりん、病に侵される

年末のワンマンライブやラジオスペシャル収録の連続。

ごうりんの披露はピークに達していました。

それでも、すきくる精神で頑張っていましたが、ついに身体は限界を迎え、病に蝕まれてしましました。

先週のミッドアウト放送後に違和感を感じたと言いますから、それからちょうど一週間。長引いております。熱は下がったらしいのですが、まだ心配になるような鼻声、ときより咳。

コメントでも風邪気味だという声が多数。

寒い日が続いておりますので、皆さまどうかお体に気を付けてお過ごしください。

ごうりんはビースポット治療の権威の元に毎日通い、回復に努めているそうです。

 

 

二、 無礼無礼は不気味なだけではない

2023年になって始まった、スマッシュテーマ候補曲プレイバック企画。

その三回目に登場したのは、あの人気曲

「スマッシュテーマ候補 No3. 無礼無礼」

でした。

放送で流れたのは第4回灰茶歌合戦以来、約2年ぶり。

そのおどろおどろしさ、不気味が目立ちますが、改めて聞いてみると、曲の持つ奥深さに気づかされました。

なんか、不気味だけどキャッチー、スマッシュのテーマとして皆に愛されてほしい。という作曲者の情熱が曲に織り込まれているのを感じずにはいられませんでした。

 

「ふみきりん、なついろん、無礼無礼

これまで振り返ってきたどの曲がテーマになってもおかしくなかった。」

スナーの一人、バルドトンさんが呟いた言葉が印象出来でした。

 

三、FMさつませんだいの偉い人に年末特番を褒められる

自分で言うのもなんですが、2022年大晦日にFMさつませんだいにて放送された、

灰茶歌合戦+ゆくみくるみ ミッドアウト合体SP

は大成功だったのではないか。と感じています。

その手ごたえが確信に変わる出来事が起こりました。

 

ミッドアウトの顧問、エロ部長こと楠元さんは、ある日とても偉い人に呼び出されたそうです。大晦日、ミッドアウトで羽目を外しすぎたかもしれない。でも、オレはオレの想う正義にしたがってやったまでだ。

偉い人室に向かう楠元さんの胸ポケットには辞表が携えられていました。

 

しかし、偉い人室で待っていたのは予想もしない反響の言葉。

なんと、偉い人は、大晦日の放送を全部聞いていてくれたらしく、特番面白かった!と評価してくださったのです。

ゴールデンタイムの特番で成功を収めたミッドアウト。いよいよ、FMさつませんだいでのポジションが一つ上がった感があります。

 

四、帯番組に怯える必要はない。俺たちは二人でタモさんだ

FMさつませんだい内でのミッドアウト評価はストップ高

と、なれば必然的にゴールデンタイムの帯番組ということになります。

晦日放送で大成功を収めたとはいえ、まだ世の大物MCと比較すると実力がやや劣っている二人。

それでもミッドアウトには絆の力があります。

オレ達は、それぞれがタモさんになる必要はない。オレ達二人の力を合わせてタモさんになれれば、それでいい。

なるほど。この二人は自分が何を成すべきなのかを充分に心得ているようです。

 

五、 血反吐をはいてノスタルジア

リスナーからのリクエスト曲をその思い出エピソードと共に紹介する、新コーナー ミュージックノスタルジア

パーソナリチーである、ごうりんとチャーマスはそのリクエスト曲を豊富なMD(ミニディスク)ライブラリから、探し出して流すだけのはずなのですが、何故か異常な精神力つかう模様。

一節によると、ごうりんの病も、ノスタルジア疲労が原因なのでは?とも言われております。

今週は、ごうりんの喉が不調ということで(喉は使わないはずなのですが)、急遽チャーマスが2曲流すことに。その心身への負担は想像を絶します。チャーマスの脳髄からは血が噴き出し、顔面には多くの吹き出物が。

それでも、ミッドアウターの期待に応えたい一心でノスタルジアしていました。

 

 

如何でしたでしょうか?

ミッドアウトスマッシュ#153フルコースのお味は?

もう一度堪能したいという方に必見の情報です。

 

ミッドアウトスマッシュ#153 のディレクターズカット版が

1/21(土) 27:00~

FMさつませんだいにて放送されます。

FMぷらぷら という公式ツールを使用すれば、全国どこからでもFMさつませんだいの放送を聞くことが可能ですので、是非とも聞いてください。

 

それではまた、来週。

 

 

 

2023.1.12 スマッシュ#152 夜のジェンガ

f:id:midout:20230113164350j:image

 

今週も聞いていただきありがとうございます。

 

第152回

夜のジェンガ

 

最高でしたね今週も。

今週の放送後記ブログを

更新していこうと思います。

 

 

その前に

ラジオの録音を処方しておきますね。

寝る前に一錠、服用すれば大丈夫なタイプです。

 

#152 前編

ミッドナイトゲットアウトスマッシュ#152 前編 夜のジェンガ - ミッドナイトゲットアウトスマッシュ公式 (@midnightgetout) - TwitCasting

 

#152 中編

ミッドナイトゲットアウトスマッシュ#152 中編 夜のジェンガ - ミッドナイトゲットアウトスマッシュ公式 (@midnightgetout) - TwitCasting

 

#152 後編

ミッドナイトゲットアウトスマッシュ#152 後編 夜のジェンガ - ミッドナイトゲットアウトスマッシュ公式 (@midnightgetout) - TwitCasting

 

 

 

今週はニシゾノ氏からの

あのさ話で幕開け。

 

ちょっと大人の雰囲気の漂う。

夫婦の夜のジェンガの様子が

比喩と現実の狭間を彷徨いながら

展開されていきます。

 

ジェンガが大きくなってしまった

高校生リスナーも

多かったのではないでしょうか。

 

二人の子を持つ親となった今も

夫婦だけの時間を夜のジェンガ

打ち込めるのはとても良いことですよね。

 

日本では特に、ジェンガレスだという夫婦は

増えている傾向にあり

子どもが生まれる前は、または結婚する前は

一緒に夜のジェンガを楽しんだものの

今はサッパリ減った、もしくはもう

全然していない、そんな夫婦も多いようです。

 

そんな日本において、ニシゾノ氏は

夜のジェンガを大晦日にしたと公言している。

勇気があることですが

恥ずかしいことではないのですから

ちゃんと言っていった方がいいですよね。

しかも3回戦までいったというのですから

そのスタミナたるやとんでもないです。

 

 

2023年のミッドアウトは何かが違うな。

 

 

専門家は言います。

 

 

なんというか、ジャンプからヤングジャンプ

いや、ヤングジャンプというより

さらに大人のビッグコミックへ。

 

そんな雰囲気が二人から感じられます。

 

 

二人の空想なのか例えなのか、それとも現実の言葉のままなのか、その全てを行き来しながら漂うトーク、磨きがかかっていますね。

おそらく、年末の特番を2本経験し

内容的にも結果的にも皆を納得させた

そんな自信が二人を強くしたのでしょう。

今年こそは獲ってくれそうな気配があります。

 

 

"ラジオ王"の栄冠を。

 

 

 

 

二人はどこか、俺たちは野良ラジオだから

俺たちは素人ラジオだから

とすかしていた部分がありました。

 

世代なのでしょうか。

 

頑張らないほうがかっこいい。

ちょっと斜めからものを見てる

そういう空気感がある時代を

生きてきた二人です。

 

とにかく、託されたくはない。

背負わされない。

 

知らず知らずのうちにそんな道を歩んできたのかもしれません。

 

だけど今の二人の顔を見てください。

ほら、あのミュージックノスタルジア

CD、LPをかけている時のあの顔を。

 

 

堂々としていて、そして鋭い眼光。

完全に背負っています。

託されし者の顔です。

 

 

 

今後の二人から、目が離せませんね。

 

 

 

今回はジェンガについて特に特集しましたが

 

・夜のジェンガ

・年末の放送の数字をみた楠元さんの決断

・山登りの話

・たつもんってすごいな

 

さまざまなトークが聞けた回でした。

二人のフリートークマニアは涎垂らして

喜んだことでしょう。

 

さて、新コーナー

ミュージック・ノスタルジア

いよいよリスナーさんからのメールで

スタートしました。

力作のメールが多い中

一週に2通しか読めない、これはスタッフとしてもなかなか苦渋の選択ですが

野太いメール、皆さんからお待ちしてます。

皆さんを信じてます。

笑力も、ティーダも超えてきた皆さんです。

ミッドアウト筋、パンプアップしてますよ。

 

 

ミュージック・ノスタルジアのコーナーおさらい

 

ミュージックノスタルジア
小さい頃に親と聞いた曲、初恋の彼と聞いた曲、辛い時に勇気づけられた曲、そんな曲に思い出の(架空の)エピソードを付けて二人に(架空の)曲をリクエストするコーナーです。メールは件名に
ノスタルジア
と付けて送ってください

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ノスタルジア
昔、とあるアイドルにハマってました。嫁にしかられたのがきっかけでファン活引退しましたが、あのとき感情の昂りは今でも時々思いだします。
リクエストしたい曲は私が推していたアイドルグループの曲です。

蹴鞠坂794 
で、泣いて!ウグイスをお願いします

 

 

ノスタルジア例2
音楽に詳しい兄に聞いたのですが、マツケンサンバの元ネタになった、古ーいブルースの名曲があると聞きました。

曲名まではわからないのですが、お二方わかりますでしょうか?
ぜひリクエストしたいです。

 

 

 

 

女将のコーナーも今年初でした。

女将のお店は落ち着くなぁ。

時間が経つのを忘れます。

今年も美味しい料理、地酒、

女将のウィットに富んだ会話

楽しんでいきましょう!

 

 

 

そんなミッドアウトの魅力が

詰まり詰まった第152回の放送が

FMさつませんだい版として流れます。

 

1月14日(土)27時〜

FMぷらぷらアプリでお楽しみくださいませ。

 

 

 

そして、今週末はセンター試験ですね。

受験生諸君!

絶対にやるな!ケアレスミス

慌てるな!まずは深呼吸!

大丈夫!信じろ自分!

 

ファイトです。

f:id:midout:20230113171505j:image

 

 

 

 

 

 

 

2023.1.6 スマッシュ#151 よか二世

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

4年目に突入するミッドアウトスマッシュを、何卒をよろしくお願いします。

 

私がミッドアウトスタッフブログ部に配属されてから約2年が経ちました。

ミッドアウトスタッフは、その仕事内容によって様々な部署に分かれています。

 

・ブログ部

・営業部

・コーナー企画部

・イベント企画部

・ジングル部

・ごうりんモチベーション維持部

・チャーマス褒め部

・ポン出し部

・コンテニューコイン経理

・楠元ご機嫌伺い部

etc...

 

一言にミッドアウトスタッフと言っても様々なスペシャリストによって運営されているプロ集団なんです。

 

私はミッドアウトの放送根幹に携わりたい願望があり、入社時はコーナー企画部を志望していました。

しかし、入社後に届いた辞令には、ブログ部への配属の文字。

 

ブログって裏方の仕事じゃん。。。

 

やりたかった仕事と違う。最初はそのような気持ちで、どうしても真剣にブログに、仕事に向き合うことができませんでした。

ただ、単純にタスクとしてブログを書く日々。

 

魂が籠っていない文章を生み出しては、自分で自分のブログを軽蔑する日々。

もう、いっそのことミッドアウトスタッフを辞めてしまおうか。。

 

ある日、偶然楽屋から出てきた ごうりんさん(大臣) とすれ違った際、声をかけていただきました。

「You、ブログ担当のJ君だよね。Youはせっかく良い文章を書くのに、文章が笑ってないね。もし、ミッドアウトのことをまだ好きでいてくれるなら、一度笑って文章書いてみなよ。そしたら何か変わるかもしれないし、変わらないかもしれないよ。最後くらい笑っていてほしいからさ?」

臀部の汗が止まりませんでした。ごうりんには全てお見通しだったんです。

 

翌日、偶然楽屋から出てきた  チャーマスさん とすれ違った際、声をかけていただきました。

「君、最近元気ないね。人を好きになるってことは自然なことだよ。なにも隠す必要ない。オレも応援してるからさ。告っちゃいなよスタッフCに」

臀部の汗がスッと引くのを感じました。チャーマスには全く何も見えていませんでした。

 

どうせ辞めるなら最後なんだし、楽しんで好きな文章書いてみるか。。。

辞表を提出し、これで最後と決めたブログは、文字数にしてわずか2000文字余りでしたが、濃密に無数のボケの華を咲き乱れていたと思います。

ブログでも、ミッドアウト魂を表現することに気づきました。

が、後悔先に立たず。悔いがないといえば嘘になりますが、清々しい気持ちでデスクの荷物をまとめていると、、

 

「君の文章からはもっとミッドアウトがしたいという声が聞こえていました。あんな笑顔な文章を書く人材を手放すわけにはいきません。君の辞表は私が預からせてもらいますよ。」

目の前には楠元さんが立っていました。

「さあ、来週はスペシャル回の放送です。ブログ内容会議、始まりますよ」

「はい!!」

 

ブログでミッドアウトを盛り上げる。

今ではこのブログ部の仕事に誇りを持っています。

 

おっと、前置に1200文字も使ってしまいました。

それでは、今週の放送を振り返っていきましょう。。。

 

と、その前に、新年、ミドアウトからのお年玉ということで

最新回ミッドアウトスマッシュ#151のツイキャス録音が以下のリンクで無料公開されております。

こうやって無料公開できるのも、ミッドアウト営業部の努力があってこそです。

ワンチームって感じです。

 

 

今週は、2023年一発目の放送ということで、あのさトークはお休み、

毎年恒例の袴姿の二人による新年の挨拶からのスタートとなりました。

 

新年一発目スマッシュ#151から様々なものがリニューアルしていましたので、簡単に紹介していきます。

 

① 放送告知画像リニューアル

本ブログの冒頭にも掲載されている放送用告知画像が2023年からリニューアルしました。ミッドアウト美術部(ごうりん)による、描きおろし告知画像です。二人の雰囲気がよく伝わる良い感じの画像ですよね。

 

② ジングルリニューアル

コーナーの間、曲後等に流れるジングルもリニューアルされていました。今回は2つお披露目されていましたが、まだまだ数が準備されている様子です。来週以降も楽しみにしていてください。

 

③ テーマ曲プレイバック

オープニングテーマが普段お馴染みのスマッシュのテーマからリニューアル。しばらくの間は過去のオープニングテーマ候補曲が週替わりでオープニングを担当するそうです。今週は名曲 踏切ん でした。ということは次週は、、、、? こちらも楽しみですね

 

④ 一月のオープニングBGM

こちらは年一というか月一の変更です。今月はチャーマスの担当。THE YELLOW MONKEYの「太陽が燃えている」です。太陽 = SUN =3 =3周年 という意味が込められているのかどうかは分かりません。

 

⑤ 新コーナーお披露目

昨年末、最終回を迎えた笑力に代わるコーナーがついに発表となりました。

ミッドアウト待望の正統派、ストロングスタイルの音楽コーナーが誕生。

その名も

ミュージックノスタルジア

小さい頃に親と聞いた曲、初恋の彼と聞いた曲、辛い時に勇気づけられた架空の曲、そんな曲に思い出のエピソードを付けて二人にリクエストするコーナーです。

 

今週はデモンストレーションとしてメール例が二つ紹介されたのでここで振り返ってみましょう。

メール例1

数年前、空前のアイドルブームの中、アイドルなんて、と少し敬遠しがちだった私ですが、ふとしたきっかけからアイドルにどハマりしてしまいました。
握手会や、総選挙の度に、推しメンを応援するために大金をつぎ込んでしまい、今思うと、すこし熱くなりすぎたなと反省しています
嫁にしかられたのがきっかけでファン活引退しましたが、あのとき感情の昂りは今でも時々思いだします。
リクエストしたい曲は私が推していたアイドルグループの曲です。
蹴鞠坂794 
で、泣いて!ウグイス

 

メール例2

音楽に詳しい兄に聞いたのですが、マツケンサンバの元ネタになった
古ーいブルースの名曲があると聞きました。
曲名まではわからないのですが、お二方わかりますでしょうか?
ぜひリクエストしたいです。
 
メール例にある通り、曲名は特定しても、あいまいにしていてもOKです。二人の四次元ミュージックライブラリから見つけ出して、アカペラ(アドリブ)歌います流します。
メールはmidnightgetout@gmail.comまで。件名にノスタルジア とつけて送ってください。曲紹介にはかなりの胆力を使うので、読めるメールは週に2通程度となってしまいますが、皆さまからの沢山のメールをお待ちしております。
 
そんなこんな衣替えが多かったミッドアウトスマッシュ#151のディレクターズカット版のFMさつませんだいでの放送は、
1/7(土) 27:00~
です。FMぷらぷらというアプリで全国どこからでも聞けますので、皆さん、聞いてどんな変化があったか復習してみてください。
 
PS.
2022年大晦日、FMさつませんだいにて放送された
灰茶歌合戦2022 + ゆくミドアウトくるミッドアウト
年越しぶち抜き5時間スペシャ
沢山の方にご視聴いただきありがとうございました。
SNSでも大いに盛り上がっていただいて、なんか、こういう年越しもいいなあ。と感じました。
ごうりんとチャーマスもかなり、手応えを感じており、是非とも来年もやりたい!と意気込んでいました。
果たして楠元さんは年末スペシャルをどう評価しているのか?
ごうりんが次回のうたまんの時に確認してみる!と言ってましたので、私はそれまでにミッドアウトスタッフ楠元ご機嫌伺い部と連携して、楠元さんをおだてておきたいと思います。

 

それでは、また来週お会いしましょう。

2022.12.29 スマッシュ#150 灰茶歌合戦2022

f:id:midout:20221230152615j:image

 

 

3時間半の怒涛の放送。

灰茶歌合戦2022

〜スマッシュオールタイムベスト〜

 

 

聞いていただきありがとうございました。

おかげさまで素晴らしい放送になりました。

メール、コメント、とても心強いですいつもありがとうございます。

 

サイレントリスナーの皆様におかれましても

いつもありがとうございます。

心の声、しかと届いております。

 

 

 

さて、今大会を振り返っていくわけですが

まだ聞いていないという方は是非

ミッドナイトゲットアウト#150灰茶歌合戦2022〜スマッシュオールタイムベスト〜 - ミッドナイトゲットアウトスマッシュ公式 (@midnightgetout) - TwitCasting

こちらで生の体験をすることをお勧めします。

 

 

文章から得られる体験など陳腐。

実際に音を浴び

ごうりん、マスチャー、楠元さん、あおまる

みなと喜びを共有する

これが一番素晴らしいことだからです。

 

 

 

 

 

そして以下にはネタバレを含みます。

まだ今年の灰茶未体験の方は

戻るボタンをめり込むほど押すことを推奨します

 

 

 

 

 

では、大会セットリストを確認してみましょう。

 

 

 

1.ご 梅雨が始まるよ
2.ま 地上の星

3.ご 恋ん
4.ま できっこないをやらなくちゃいけないせん
5.ご ふみきりん 
6.ま なついろん 
7.ご 素敵だねん2022
8.ま ティーダオブライフ
ブレイクタイム1 ジングル集2022
ブレイクタイム2 ごうりんすいっちのテーマ
9.ま フレンズ完全版
10.ご RAINBOW 
11.ま 謎ん
12.ごもうミッドアウトしないなんて 
13.ま すきすきマーチ2020
14.ご しあわせになほうよん
15.ま 5の夜 
16.ご 1/2ん 
17.ま 銀河鉄道99 
18.ご ミッドナイトゲットアウト

ラスト ミッドアウトサンバ2022

 

 

 

総勢19曲

いや、ジングル集など入れれば

30曲は流れただろうという今回の灰茶。

 

凄まじい情報量に

倒れる人が現れてもおかしくないなという

状況でした、しかし誰も欠けることなく

最後まで走り切れたことは

とても素晴らしかったと思います。

 

 

ではここでもう少し詳しく

対戦を見ていきましょう。

 

1.ご 梅雨が始まるよ S126
2.ま 地上の星 S138

今年も誕生日ソング対決です。

 

スマッシュオールタイムベストと銘打って

行われた今回の大会でしたが

お互いの組の最初を飾ったのはなんと

今年の新作。誕生日曲でした。

 

ごうりんの誕生日といえばごうりんが怒って

出ていってしまうのが通例。

そして出ていくところの描写からシームレスに

曲に入っていきます。月9もびっくりの

ドラマチックな演出に会場は熱狂。

 

今回は仲直りできるのかな?

 

祈るように皆が見つめる中

10点の槇原のモノマネ歌声が響き渡ります。

 

"たくさんのことを話してきたけど
まだまだ僕たち笑ってられるよね"

梅雨が始まるよ 歌詞より一部抜粋

 

 

なんとか今年も2番あとの間奏で仲直り出来、最後の大サビを2人一緒に歌うことができました。

 

これにはミッドアウトドーム10000人も万雷の拍手です。

涙するものも後を絶ちませんでした。

 

 

 

対するマスチャーの誕生日曲は

地上の星

 

宝の地図に書かれた宝を探しにみんなで出かけるアドベンチャー企画。最後の最後に辿り着いた宝、それは満天の星。

しかしリスナーたちは言います。

いや、こんな満天の星よりも輝くものがある、それはごうりん、マスチャー、あんたたち、地上の星だよ、と。

 

"スマホ前のリスナー
ラジオ前のリスナー
みんなここにいるよ
離れた場所にいたとしても"

 

"ミッドアウター達も
2人と共に
各地でうんと輝くよ"

地上の星ン より一部歌詞抜粋

 

2人という星

2人の主人公。

 

あくまでミッドアウトの

パーソナリティは2人ですが

リスナーたち

そしてリスナー、一人一人が普段生きてる日常。

 

 

そう、一人一人が輝く星なんだと

訴えかけてくる感動的なナンバーです。

 

みんなではしゃいで波打ち際で水を掛け合ったこと、決して忘れないよ。

 

 

 

この対決は甲乙つけ難い。正直、好みでしか語れない部分なのは多くの人も認めるところだろう。

だが筆者こじんとしてはここは茶組、地上の星ンに軍配かなと思う。ごうりん生誕祭はパターンが決まっており、ある程度の流れが予測されてしまうところがある。しかし地上の星ンは二ヶ月前の放送なのにも関わらず、どんなんだったっけ?とノーマークであった。見えない角度から飛んできたパンチが脳を揺さぶった。

そのわずかな差かな、と思う。あくまでこれは個人的な見解なのであしからず。

 

 

そして対決は次のラウンドへ。

 

 


3.ご 恋ん
4.ま できっこないをやらなくちゃいけないせん

 

ゲストにきている楠元曲対決だ。

 

 

恋ンはガッキー結婚の報を受けてくすもとさんを励ます回に歌われた曲。

 

 

できっこ、は逆にもっともっと攻めていそうぜ、というくすもとさんからのミッドアウトへ激励の曲。

 

 

ミッダウ的、ミッダウ的!というコールは会場を完全に一つにした

 

 

どちらの曲でもくすもとさんは爆笑。

自分が歌ってる姿が好きで好きでたまらないのだ。

 

 

この対決も甲乙つけ難い。

正直、最後は好みの問題かなと思う。

だがあえて、私がもし審査員だったらと仮定して

審査するのであればこの対決は灰組、恋ンを推したい。

 

 

なぜか。

それは恋ンという曲がもつ

"寸劇の持つ物語性"

できっこ〜はパワーあふれる曲だが

常に前を向いたストーリーで

とてもシンプルに仕上がっている。

(その分わかりやすく、盛り上がりやすい

一体感を得られやすいというメリットも)

 

しかし恋ンはどうだろう。

くすもとさんが笑顔を失い

歌い始める序盤

仲間(この場合、言わずもがなごうりんとチャーマスのことだ)

が現れ、3人でもじもじくんのように人文字で

寿という字を描こうという場面。

しかし、間奏時点ではこれは失敗に終わる。

だが、人文字は失敗しても、くすもとさんを笑顔にするというミッションは成功する。

 

ここから怒涛の大サビだ。

 

大サビでの盛り上がり、そしてアウトロ

大どんでん返し、くすもとさんの涙から咲いた笑顔の花が点となり、寿という字が完成する。

 

 

劇的なラストだ。

 

このドラマチックな展開力が恋ンにはあった。

 

 

"今ならいける!

せーの!

(三人)寿!"

恋ン より一部セリフ抜粋

 

 

3人が人文字、寿を完成させるラストシーン

傷ついたクスモンが

寿という字でガッキーを祝福する

感動的な場面だ。

 

 

次の対決を見てみよう。


5.ご ふみきりん s1
6.ま なついろん s2

 

 

 

スマッシュのど初期。

というか一話、二話からの

オープニング曲対決だ。

 

ミッドアウトがハイパーから

スマッシュになり、そのテーマソング決めが

ど初期の放送の核をなしていた。

 

ミッドアウトハイパーのテーマは

みんなから愛された素晴らしいオープニングテーマであり、これ以上のものはできるのか?

正直、製作者のごうりんもプレッシャーを感じていたと思う。

 

そうして作られたのが

ふみきりん

 

 

そして

 

 

なついろん

 

 

さらにこのあとも試行錯誤は続く。

 

 

ふみきりんはいぶし銀な渋いナンバー

アコギの音に添えられた高音のサビは極上。

しかし、一方で少しとっつきにくい

印象もある。

 

そうして、誰もに愛される

わかりやすい曲をとの

マスチャーからの要望に応えたナンバーが

 

なついろんである。

 

 

 

"もうちょい右だ、もうちょい右だって

 

いやいや、左だ、左に流れてる

 

ボールの行方は浜風だけが知ってた"

 

 

 

踏切んを聴き終わった後絶賛していた楠元さんも

このなついろんの持つ破壊力には

お腹痛いくらい笑ってしまう始末。

 

 

この対決の軍配は

なついろん、にあがったと言わざるを得ない。

なにせ、破壊力がすごい。

 

ベースにある

夏色という楽曲のもつキャッチーさ。

 

しかしその上に、なぜそれ乗っけた?

という型にハマらない歌詞。

マスチャーからの要望を

そのまま歌詞にしてしまう滑稽な様子。

 

どれをとっても完璧だ。

 

茶組がリードか、そんな空気がドームを包み始める。

 


7.ご 素敵だねん2022
8.ま ティーダオブライフ

 

 

 

 

ニシゾノティーダレギュラーコーナー終了。

 

 

その一報は皆に衝撃を与えたことは

誰もが疑わない事実だろう。

 

 

ティーダ北京オリンピックのテーマとなった

素敵だねん2022

レギュラーコーナー引退セレモニーで披露された

ティーダオブライフ

 

 

どちらも、涙なしには語れない曲。

感動にドームが包まれた。

 

 

ここの採点は一番難しかったと言ってもいい。

なにも灰茶歌合戦の採点基準は"面白かった"だけでは済まされないからだ。

感動した、いい曲だった。

そしていいもん見せてもらったわ。

こういう気持ちが今大会の後半戦カギとなってくることをこの時の私はまだ知らないのであった。

 

 

ここは筆者の採点ではドロー。

甲乙つけ難い感動がそこにあった。

裏を返せば、決め手がなかった、とも言える。

それだけ拮抗し、それだけ似たキャラの歌だったということだ。

 

さて、ここで前半戦が終了。

中間発表では茶組が一歩リード。

筆者の独自の採点とほぼ同じであった。

大差ではないが、茶組が灰組に勝つ。

このまま逃げ切れるか。

灰組のごうりんの目は死んでいない。

なにか、なにかやらかす男の目だ。

 

ここで
ブレイクタイム。

 

 

ジングル集2022が披露された。

この曲たちは合戦の対象曲ではないため

両陣営、とてもリラックスした状態で

曲に身を委ねていたのが印象的だ。

 

オープニングBGMの後に流れる恒例のジングル

通常"ちまたに噂のジングル"

略して"ちまグル"

 

本当にちょっとしたジングルだけど妙に頭に残る

シンガーソングライターとしてのごうりんとは

また違う作風。

このジングルコーナーのファンを公言するリスナーも多く、ここだけを集めたCDはよ!との声は後を経たない。

一年分、並べてみると12作。

本当に多様かつコミカルな作品群。

短編小説を読み終わったような

不思議な気分になった。

来年もきっと楽しませてくれるに違いない。

 

 


ブレイクタイム2 ごうりんすいっちのテーマ

 

 

 

今年から始まった隔週コーナー

女将とごうりんスイッチのコーナー。

 

今回はそのごうりんスイッチのテーマを

みなで聞いた。

あらためてBGMだけを聞いてみると

騙し絵のような、トリックアートの中にいるかのような不思議な感覚を覚えるのは筆者だけではなかったはず。

 

ジングルとも通ずる、中毒性のある

裏わかまつワールドを存分に堪能した

ハーフタイムブレイクショーだった。

 

さて、灰茶は怒涛の後半戦へと突入する。

 

 

後半戦は先攻後攻がいれかわり茶組から。


9.ま フレンズ完全版
10.ご RAINBOW 通算300

 

オンラインフェスの曲対決

これは説明不要の名曲。

筆者の中ではレットイットビー

ウィーアーザワールド級の名曲と

言っても過言ではないと思う。

 

フレンズたちの個性と個性

それらが奇跡の調和を見せたフレンズ

 

希望の見えないこの時代の中で

一筋の虹となって光を照らしたレインボウ

 

奇跡のような曲の対決に

リスナーたちは息をするのも

忘れるほどだった。

 

救急車が3台駆けつける事態となり

現場は騒然となったが

なんとかみな無事回復し

救急車も帰って行った。

 

きっとのちに語り継がれることになる

事件の一つだろう。

 

"途切れていいよ
忘れていいよ
また繋がるよ
ねえレインボウ"

レインボウ より一部歌詞抜粋

 

 

この対決の甲乙をつけることほど野暮なことはない。私にできるのは惜しみない拍手を送ることのみだ。

 


11.ま 謎んS89 

 12.ごもうミッドアウトしないなんて s21

 

誕生日曲対決再び。

人気の誕生日曲の中でも屈指の人気を誇る

2曲がここでぶつかることとなった。

 

謎ンのスリル満点のサスペンス感

 

もうミッドアウトしないなんて〜の青春ラブストーリー感

 

 

コナンとオレンジデイズが同時上映されたような状態に、リスナーたちのハートはブレイク寸前。

 

これを審査しなきゃいけないのか。

なんて審査員に酷な番組だろうか。

これは完全に好みの分かれるところだが

筆者の採点では

 

謎ン95点

 

もうミッドなんて94点

 

といったところだろう。

解説させていただく。

 

構成は完璧。

ただこれは好みの分かれるところで

万人に好かれるストーリーなのはやはり

もうミッド〜の方ではないだろうか。

会場のウケも申し分なかった。

 

ただ、やはりここは賞レースだということは

忘れてはならない。

ボケ数でいうと、やはり謎ンに軍配が上がる。

 

謎ンは開始1秒から右、左、とナンセンスなギャグが放り込まれる。

 

ストーリードラマ仕立ての分、もうミッド〜の方はボケ数を稼ぎにくかった(真面目なストーリーという名のボケなのだが)

 

 

やはりそこの、笑いを撮りにいく、という姿勢。

そこの差が一点、しかし大きな一点のように筆者は感じた。

無論、異論はあるだろう。

ここでまた少し茶組がリードを広げた。

 

 

 


13.ま すきすきマーチ2020s14
14.ご しあわせになほうよんs32

 

 

続いての対決は

ゲスト回対決だ。

 

中村千尋さんを迎えてのすきすきマーチ2020

役所タケシを迎えてのしあわせになろうよん

 

 

これまたどちらも壮大な作品だった。

 

ここでマスチャーから衝撃の裏話が飛び出した。

間奏などでの掛け合いはそれぞれ撮ってるのに

その場で本当に話してるみたいだ、と。

 

 

確かに、このラジオは皆がリモートで作業する

モートラジオなのは皆ご存知だろう。

なのでそれぞれの場所で録音してるのは容易に想像がついたはずだ。

 

なのにだ。

 

なのに、それが一つも浮かんでこなかったのは

そこでメンバーが話してるとしか思えないような

その臨場感に他ならない。

 

さらに驚きの事実は続く。

ごうりんが言う

 

台本なく、まさとが喋ってきて

それに合わせてる。

 

 

異次元のような話だ。

ミッドアウトの歌といえば

間奏での掛け合いも魅力の一つ。

 

そのやりとりがまず台本にないもので

その場で考えられたものだと。

いわばマスチャーのアドリブ。

 

そしてそれにごうりんが合わせるように後から

声を吹き込む。

 

するとどうだろう。

 

我々の脳内には

二人がステージでマイクを持ちながら

喋っている様子がありありと映し出されるのだ。

 

 

天才と天才。

 

 

しかし考えてみれば彼らは

エチュンドの民。

 

アドリブでのやり取りはお手のものなのだ。

まして、録音できるなんて

いいんすか?という余裕っぷりである。

 

 

改めてこのラジオは天才が作っているものなのだと痛感させられる裏話だった。

 

これを知ってからもう一度

灰茶を最初から楽しむのも面白いかもしれない。

それくらいの衝撃が心に走った。

 

 

"まさと、2番は僕らで歌うから

そうそう、しっしっ

しっしとはなんだ君

キャー!"

すきすきマーチ2020 より一部セリフ抜粋

 

 

タケシくんのモノマネのレパートリーの広さ

中村千尋さんの癒しボイスとマスチャーとのやり取り

 

どれも素晴らしいものだった。

ここは筆者はすきすきマーチに軍配をあげたい。

 

男性ボイスが続き、女性の声はとても新鮮に思えた。順番の妙もある。

もしこの楽曲が一曲目にあったらばまた違った評価になっていたかもしれない。

しかしその運をも味方につけたすきすきマーチ2020。

ひごさつまファンのみならずとも唸らずにはいられない、素晴らしい演奏だった。

 

 


15.ま 5の夜 s63
16.ご 1/2ん s100

 

さあ、続いての対決は数字対決。

ミッドアウト5周年に披露された5の夜と

スマッシュ100回に披露された1/2

 

 

 

この2曲に共通するのは

若さ、青さ、純情、またその儚さ

というものだと思う。

 

5の夜を聞いて

若かりしヤンチャしていた自分が

蘇ってきた人も多かったと思います。

何者でもなく、何も持ってない

ただ、時間だけが、自由だけがあり

エネルギーを持て余していたあの頃。

 

そして1/2ン

淡く純情な恋心を抱いていたあの頃。

異性への憧れ、早く大人になりたい自分と

大人へと一歩踏み出すのが怖い自分。

その両方で揺れる恋心。

 

胸が締め付けられるような気持ちになった方も多かったのではないか。

 

 

 

今風な言葉でいえば"アオハル"の象徴のような

そんな二曲の対決。

これまた審査員たちを悩ませた。

頭を抱えるもの、天を仰ぐもの

麺を啜るもの、空気の代わりに麺を啜りし者

様々だった。

 

筆者の採点ではここは僅かに5の夜に多く点を入れさせてもらった。

曲としての魅力は互角。

だが5の夜には茶番がたっぷり含まれており

そこのストーリー性、情景描写への感情移入という点が強かった。

1/2ンは飛天御剣流の技の羅列にとどまっていたところが(そこが良いところでもあるのだが)

筆者の中では点数差に繋がってしまったかなと思う。

 

しかし見事というしかない二曲には

惜しまない拍手を送りたい。

 

 

"あっという間の5年間だったと
10年後も言いたい
そのときは本当の
15の夜"

5の夜 より一部歌詞抜粋

 

 

 

とうとう互いの組、最後の曲となった。

二組ともエース級の大御所を投入する

最後にして最大の見せ場


17.ま 銀河鉄道99 #99
18.ご ミッドナイトゲットアウト

 

去年の灰茶歌合戦での大トリ曲

銀河鉄道99(ツーナイン)

 

去年11月に行われた現地生放送で披露された

伝説のセルフタイトル曲

"ミッドナイトゲットアウト"

 

激しい二曲の真正面からの激突。

力と力

技と技

覇王色の覇気同士のぶつかり合いは

ドームの天井を貫き

天の雲が真っ二つに割れた。

 

(のちに令和の空モーゼ現象事件として語り継がれることとなるのはまた別の話)

 

 

銀河鉄道99の持つ、ファンタジー

ロマン。

誰もがうっとりと星空を眺め

夢の銀河旅行に浸っていた。

 

まだだ、まだ何も成し遂げてなどいない

 

マスチャーの目からは泪が溢れ出た。

 

いや、マスチャーだけではない

ごうりんの目にも楠元さんの目にも

アオマルの目にさえも泪が確認できた

 

 

筆者は思った。

茶組の勝ちだ、と。

 

 

しかし灰組のトリ曲、

"ミッドナイトゲットアウト"

が流れ始め、会場の空気が一気に変わる。

 

 

この曲には笑い要素がない。

ロマンもない。

もしかしたら、夢もないかもしれない。

 

裸一貫、ごうりんとマスチャーが立ち

歌っているだけだ。

 

 

すっぴん、か。

 

やる、やらないじゃない

全てを受け入れて

やるしかないと決めた男たちの

力強い眼差し。

 

 

ミュージシャンであるごうりんはまだわかる。

彼は18歳の時から、いやギターを始めた16歳の時から常に音楽の道をひた走ってきた。

その経験値、潜り抜けてきた場面

その全てがこの演奏に宿っている。

 

問題はもう一人の横にいる男・マスチャーである。

俺はミュージシャンじゃない、という負い目

引け目が一切ない。

それどころか、俺がやる、俺に任せろ、という

力強い眼差しでハーモニカを鳴らしている

(ハーモニカ自体中学生以来吹いたことがなかっただろうし、中学の時も人前で吹くなんて機会はなかったはずだ)

 

彼の姿を見ていると、音楽は技術や経験でやるものではないと思い知らされる。

技術や経験は一要素に過ぎない。

一番大切となる核

それは覚悟だ。

 

 

どういう結末を迎えても

どういう道を歩むことになっても

受け止めるぜという覚悟。

 

 

 

二人が歩んだ今までの道のりが

(それはミッドナイトゲットアウトという意味にとどまらず、中学生の頃から続く、二人の友情としての意味を含めて)

彼らを強くし、成長させたのだろう。

 

 

 

"ミッドナイトゲットアウト"

 

 

の演奏が終わった後

全ての人がスタンディングオベーション

その曲を讃えた。

 

この対決を、この曲たちを審査するなど陳腐なことだ。

だが、陳腐なりに筆者の審査を述べさせてもらおう。

 

 

優勝は灰組だ。

 

 

 

実際の審査も、筆者のものと一緒で

灰組の逆転勝利となった。

一曲のパワーが全てを凌駕した瞬間だった。

 

 

 

クイズ番組でよくある、最後の問題は

1億点入ります。

おい、今までの意味ないやんけ、の

アレだ。

アレが本当に起きてしまった形だ。

 

 

"過ぎ去った日々に意味をつけるのは「今」だ"

 

 

灰茶歌合戦は過去に放送した音楽を振り返る企画だ。いわば、過去が我々に語りかけてくる。

忘れていたこと、はっきりと思い出せること、様々な過去を我々は抱えて生きている。

 

それを振り返るかけがえのない時間。

 

 

だが僕たちは忘れてはいけない。

どんな素晴らしい過去も

辛かった日々も

 

その日々に意味を付けることができるのは

"今"だけなのだ。

 

 

大感動に包まれたミッドアウトドーム。

 

 

楠元さんから優勝の灰組に

優勝旗が手渡される。

 

しかし、マスチャーとごうりんは顔を見合わせ

その優勝旗を折ってしまった。

 

驚き尻餅をつく楠元さん。

 

それもそのはず

優勝旗を持っているだけで

その一年、全ての国はフリーパス

公共施設はタダで出入り自由

売れば七代は遊んで暮らせるという代物

 

それをわざわざ折るとは何事だろうか。

 

 

勝ちと負けという物差しで

この友情を、この仲間たちとの絆を

測ることはできない。

その象徴である優勝旗はもはや不要。

 

 

そして、ごうりんが指パッチンをすると

着物をきた女性たちが大勢ステージに傾れ込む

ごうりんとマスチャー、そして楠元さん

アオマルも着物に早着替え

 

 

「踊ろうか」

 

 

 

演奏された曲の曲調はまさかのサンバ

 

 

着物×サンバ

 

 

一件全く違う二つのジャンルが混ざり合い

とんでもないエンターテインメントを産んだ瞬間である。

 

 

ミッドアウトサンバ

 

叩け太鼓 我らサンバ

踊れサツマの川内

夢のように 時は過ぎて

はずむ女将と恋の夜

 


締めたフンドシ 巻いたハチマキ

みんなでここに集えば

弾むトークに ネタも輝き

コンテニューコインが乱れ飛ぶ

 


※オ-レオレ ゴウリンサンバ

オ-レオレ マスちゃーサンバ

あぁ 恋せよ クスモン

踊ろう ミッドアウター

木曜の深夜に 踊り明かそう

サンバ ビバ サンバ

ミッドアウト サンバ オレ!※

 


叩け太鼓 我らサンバ

踊れサツマの川内で

夢のように 時は過ぎて

押されるごうりんスイッチ

 

マサ
僕の益荒男 君の益荒男

昨日の敵は今日の友

誰も彼も浮かれ騒ぎ

貝殻パンツも弾け飛ぶ

 


※オ-レオレ ゴウリンサンバ

オ-レオレ マスちゃーサンバ

あぁ 恋せよ クスモン

踊ろう ミッドアウター

土曜の深夜に 踊り明かそう

サンバ ビバ サンバ

ミッドアウト サンバ オレ!※         

 

 

 

当然、この曲の間奏でなされたやりとりにも台本はない、それぞれの土地で、家で

それぞれが録音したやりとりである。

 

なのになぜだろう。

 

 

我々の脳内には

煌びやかなステージでやりとりする

メンバーたちの姿がありありと浮かんでくる。

 

 

ミッドアウトは実態がない。

リモート放送で、スタジオにいるわけではない

だが、それゆえに、そのフレキシブルさ故に

我々の脳内に中に絵を描く。

ある時はサンバを踊る着物姿の男女を

ある時はトロッコに乗って洞窟を旅する我々を

ある時は雨の中、喧嘩の仲直りをする二人の姿を

ある時は居酒屋にみんなで集い飲んでる皆を

 

想像、故にそれはどこまでも自由。

 

ミッドアウトの二人は我々の想像力を引き出す

天才だ。

 

我々の心から想像を生み出す手助けをする

いわば産婆。

 

 

まてよ。

 

 

 

産婆

 

 

さんば

 

 

 

サンバ!??

 

 

 

 

最後にサンバを最後に踊ったのは

そのメッセージだったのかもしれません。

 

 

3時間半という長丁場も全くそれを感じさせない

とてつもない放送となりました。

 

 

 

来年もミッドアウトをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

そして、そんな感動のミッドアウト#150

灰茶歌合戦2022

〜スマッシュオールタイムベスト〜

 

2022.12.31(土)大晦日

20時より放送です。

晦日、あの感動をみんなで味わいましょう。

f:id:midout:20221231133032j:image

 

 

そして灰茶の後23:30からは

「ゆくミッドアウト、くるミッドアウト」

f:id:midout:20221231133126j:image

こちらは90分の放送

カウントダウンを一緒に楽しみましょう。

 

ミッドアウト寺にて

クイズ除夜の鐘チャレンジ

果たして鐘は108回突かれるのか!?

乞うご期待です。

 

 

姉妹番組

うたのまんなか 1月2日の放送は

わかまつごう×山下冗談による

うたのまんなか B級観光案内所です。

こちらも必聴。

f:id:midout:20221231133411j:image

 

 

 

年末年始は攻めた番組構成FMさつませんだい

から目が離せませんね!

是非FMぷらぷらのアプリで

全国から聞いてください。

 

 

それでは皆さん、良いお年を!

 

 

 

2022.12.21 スマッシュ#149 共に美しさ探求の道を歩もう

 

いやあ、今夜も冷えますな。

こんな日は暖かいお茶でも飲みながら、面白いラジオでも聞いて過ごそうじゃないか。

 

オールナイトニッポンにする?

TBS ジャンクにする?

 

いや、なんか今夜は、そういうメジャーどころではない、少し変わり種ラジオに手を出して冒険してみようかな。

そんな君にお勧めのラジオがあるんだよ。

 

ミッドナイトゲットアウトスマッシュっていう、ツイキャス配信形式のローカルラジオなんだけど、中学、高校時代の同級生二人がただ、自分達が話したいことを話すというコンセプトのラジオで、なんと週に一回約二時間の放送を、6年半、通算300回以上続いてるらしいんだ。

 

ブームになる前のダイヤモンドの原石を見つけるのってなんだかわくわくするよね?

ミッドナイトゲットアウトスマッシュがダイヤの原石だったのかどうかは、未来で答え合わせするとして、一度聞いてみるといいよ。

 

「共にお笑いラジオの探求の道を歩もう」

 

生放送を聞き逃したとしても、完全無料で録音を聞くことが出来るんだから、心配はいらないよ。以下のリンクをクリックしてみてよ。

 

 

とりあえず断らずにやってみる。

ポジティブな意味でのyes man、ミッドアウトフレンズの一人、

かわなべひろき 氏

ごうりんがパステル画を描いてるのを見て、面白そうだ。

と、始めたアクリル画にどっぷりハマり、

絵をどのようにしたら世界に広げることができるのかを考察、研究する、

かわなべ塾を開講し、日々研鑽を重ねています。

 

そんなかわなべ塾に弟子入りし、かわなべ式SNSのノウハウを吸収したごうりん。

最近は英語版インスタアカウントを開設し、日々着実に世界進出への下地作りを続けています。

 

一方、世界に目を向けてみましょう。

世界進出を目論んでいる画家は、当然日本人だけではありません。

例えばインド、インドにも当然、インドのかわなべさんこと、カワディさんが、

インドの地にて絵の世界進出を目指した、インド式かわなべ塾を開いている可能性が高いということは容易に想像ができます。

 

ドラえもんクレヨンしんちゃんで過去や海外にいったときに、スネ夫やマサオ君にそっくりで、同じ声優のキャラクターが登場するのと同じ感覚です。

世界各国、それぞれの国に、それぞれのかわなべさんが、かわなべ塾を開き、そこにで世界中の若者が学び、SNSの世界に飛び込んできているのです。

 

日本のかわなべさんこと、かわなべ先生の門下生ごうりん

インドのかわなべさんこと、カワディ先生の門下生との邂逅

 

果たしてどのような結末を迎えたのか?

異なるかわなべさんのもとでノウハウを学んだ者同士のやりとりに注目して、

チェックしてみてください。

 

 

年末。

今年最後の通常回には、別れの物語もありました。

 

最近、なにかと最終回をにおわせてきた匂わせコーナー

笑力

が、ついに終焉のときを迎えました。

 

ごうりんとチャーマスは悩んでいました。

ミッドアウターの笑力は週を増すごとに上がっており、ここ数週は、

皆の回答がほぼ、お題回答と同じ笑力という状態。

それでも、甲乙をつけるしかない。

そのプレッシャーはM1審査員並とも言われていました。

今週に至っては、そのプレッシャーで放送中、ごうりんの腹が曼荼羅になる始末。

 

ここまで、力強く育ったミッドアウターに、もう笑力塾は必要ないのではないか?

これからは、それぞれがそれぞれの笑力道を歩んでいってほしい。

その想いで、笑力コーナーの終了を決断となりました。

来年からはまた何か新しいコーナーが始まることでしょう。

そのときはまた皆で楽しくワイワイしましょう。

 

そして、発表がありました。

来週

12/29(木) 22:30~ の

ミッドアウトスマッシュ#150 灰茶歌合戦2022

は、スマッシュ3周年、スマッシュ150回を記念して、

スマッシュオールタイムベスト灰茶になることが決定しました。

スマッシュ3年の歴史の中から厳選された名曲たちが登場する予定です。

FMさつませんだいの楠元さんもゲストに登場しますので、是非聞いてください。

 

この曲が好き、この曲はこんな思いでがある等、

ミッドアウターの皆様からのメールも募集しております。

どしどしメールお願いします。

 

 

灰茶の前に、

ミッドアウトスマッシュ #149のディレクターズカット版の放送は、

12/24(土) 27:00~

FMさつませんだいで放送されます。

クリスマスイブ深夜の放送になります。

良い子は、夜更かししてラジオを聞いて、プレゼントを持ってきたサンタさんをビックリさせてやりましょう。

 

それでは、また来週。

 

PS

ごうりんのバンドスタイルワンマン

雪の影響が心配されましたが

大成功で終わったそうです

f:id:midout:20221224121809j:image

 

 

ミッドアウトスマッシュ#148 サンバ

 

今週の放送もしっかりとお聞きいただきありがとうございました。

どうも、キアヌ・リーブスです。

あ、違いました。ミッドアウトスタッフです。

 

ミッドアウト放送後に記すこの放送後記ブログンヌスにまで足を運んでいただけるなんて、貴方こそ間違いなく正真正銘の'サンバ'ですね。

 

先週、約5年ぶりにボケの心を取り戻したごうりん。

ボケるごうりんという綺麗な泉の中で、水を得た魚のように泳ぎ回るチャーマス。

今週の放送ではどんな放送になったのでしょうか?

 

本ブログで振り返る前に、ひとつお知らせ。

年末スーパー特別サービスとして、無料でツイキャス版の録音を公開することが閣議決定しました。まだ放送を聞けていないという'官僚'達は以下のスペシャルリンクにアクセスして録音版を視聴してくださいね。

 

ミッドナイトゲットアウトはミッドアウトの愛称で親しまれてきました。

パーソナリチーのそれぞれごうりん、チャーマスという愛称があります。

 

ミッドナイトゲットアウトを応援してくれるリスナーは、

ミッドアウター

という愛称で長年親しまれています。

 

しかし、チャーマスはこの'ミッドアウター'という名前にずっと引っかかっていたと、初めて告白しました。ミッドナイトゲットアウトだからミッドアウターだというのは、あまりにも安直すぎる。もう少し感情移入ができる意味が欲しい。と

 

勇気のある告白です。

馴れ合いだけではいいチームとは言えません。時にはこうして、率直に意見を発することで生まれる、いい緊張感の中で放送することが放送品質の向上に繋がるのです。

 

そもそも、ミッドアウターとは誰が名付けたのか?

これは意見が割れました。

 

ごうりんが名づけた。と主張しているチャーマスに対し、

まさとが名づけたと主張するごうりん。

 

それぞれ、名づけた場面のことを鮮明に覚えていると語っています。

 

不思議です。

二人とも、ラジオを盛り上げるための対決構図をあえて作り出しているわけではなく、純粋に相手が考えたと信じているのです。

どちらかがとんでもない思い込みをしているわけす。

 

真実は、ツイキャスの録音だけが知っています。

是非、ミッドアウターの皆様、過去放送を聞き直して真実を探してみてください。

恐らくミッドアウト無印の#1~#9のあたりで決まっていると推測されます。


もし、真実を発見することができた、冒険者リスナーのかたは、

メールにてその真実について教えいただければ幸いです。

自分たちで探す気はない二人は罪深き人間ですね

 

 

そして、今週の放送では先週の放送に続いて重大発表がありました。

灰茶歌合戦がFMさつませんだいで大晦日の夜9時頃から放送されるという発表が先週ありましたが、それに続くサプライズ発表。

 

12/31 23:30頃から FMさつませんだいにて

ミッドアウト 年越し特番放送決定!!タイトルは

「ゆくミッドアウト、くるミッドアウト」

 

いよいよ我らがミッドアウトがFMさつませんだいの年越し番組を担当することになりました。FMさつませんだいさんの社運をかけたプロジェクトといっても過言ではないですね。これは。

こちらの番組は、ツイキャス版での放送はありませんので、FMさつませんだい版を生視聴するしか聞く術はありません。

是非、FMぷらぷらアプリを使用して一緒に年越しをしましょう。

※放送は事前収録なので生放送ではありません

 

 

嬉しい発表が続いていますが、その中でチャーマスが気になることを言ってました。

ミッドアウターのみんな、もう充分に笑力が付いてきてる。もう、頃合いだな。

暗に匂わされた笑力コーナーの終了。

次週は、笑力のコーナーに一区切りがつく可能性が高いです。

次週は悔いの残らないようにメールをお願いします。

 

そんなこんなのミッドアウトスマッシュ#148のディレクターズカット版が、

12/17(土) 27:00~ FMさつませんだいで放送されます。

FMぷらぷらアプリで全国どこからでも聞けますので、聞いてください。

と願うばかりです

 

王直属護衛軍の一人、マサプフ